ドローダウンとは?

基礎知識まとめ

EAに限らず投資関連のことを調べているとドローダウンという言葉をよく聞きます。

ドローダウンとは

ドローダウンとは過去の一定地点での資産からの下落額、下落率のことです。

一般的な投資は小さな損をしてその損以上の利益を出すというのを繰り返し少しずつギザギザと増えていきます。 その谷の部分がドローダウンです。

上の画像でいうとすべての矢印がドローダウンになります。

レバレッジやリスク管理などに重要な指標です。

ドローダウンには三つの種類がある

絶対ドローダウン

絶対ドローダウンとは初期証拠金から最も減じた金額です。

投資を始めたタイミングによって変わるので重要ではありません。

最大ドローダウン

最大ドローダウンとは最も資産の増えた時から最も資産が減じた点の下落額 です。

上の画像でいうと 、青の矢印が最大ドローダウンです。

下落額なので証拠金の通貨の金額であらわされます。

相対ドローダウン

相対ドローダウンとは過去の一定地点での資産からの最大下落率のことです。

上の画像でいうと、黒の矢印が最大ドローダウンです。

下落率なので%で表されます。 基本的に相対ドローダウンが非常に重要な指標となります。

相対なので単利運用、複利運用でも同じように分析が行えます。

ドローダウンはロジックの優位性、最適化、レバレッジの調整などに重要な指標です。

実際に運用しているときにもバックテストでの相対ドローダウン以上のドローダウンが発生した時運用を停止して様子を見るなどの使い方もできるので参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました